メイン画像

住宅に対して様々なこだわりを持っているのならば

違う住宅を購入したいと望む場合、中古物件のリフォームという手もある事をご存知ですか。建築された日が古い物件では、特に水回りは交換するべきでしょう。シンクをリフォームすればかなりイメージは変わります。また、部屋数も変えてしまう事も可能で、家族やライフスタイルに合わせて色んな提案ができます。そして、近頃ではリフォームの上をいくリノベーションが有名です。

住宅を新たに考える場合、二世帯住宅という方法もあります。予算の問題や家族の問題で二世帯を検討している人も少なくありません。二世帯住居は金額面で助け合えますし、その上孫は祖父母との良い関係ができ、多くの愛情を注げます。それに、怪我の時や留守時などお互いに助け合え、この上ない住まい方ではないでしょうか。二世帯住居を検討するなら、両方が条件をだし、話し合い入居しましょう。

消費税の増税がきまり、住宅購入を検討している人にも勢いをつけています。消費税はまずは5%から8%となりますが、同時に、住宅ローン控除も200万円より400万円に増えることが予定されていて、住宅購入は増加するだろうと考えられています。ただ家を購入すればローン以外に、都市計画税など支払っていかなければなりません。更に、建物の老朽化に対し修繕積立費などの代金も、余裕をもって置いておかなければなりません。